スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
みっすんオランダにゆく。35週の検診。
 オランダ生活2週間、ようやくネットが開通!
(といっても異例のスピード開通だった模様)

市民登録→健康保険登録→ホームドクター登録→紹介状を書いてもらう→産婦人科予約

という順序を追って移住一週間後に検診に行くことができました。
全て英語で通じる安心感でストレスが激減したかも、と錯覚。

予約時、最初は「助産師にコンタクトとれ」やら「女王の日(祝日)のためドクターがロング休暇をとっってるからすぐ予約はとれない」とかごちゃごちゃ言われたけど、
「ドイツの医者に34週だから2週間以内に受診するように言われた」
「子宮頚管が短いと言われたから急いでる」
などとゴリ押しが出来たのがよかったよう。
すっと翌週の希望時間帯の予約をゲット!ほっと安心です。

電話番号しか知らないのでネットで場所を調べてみると、
どうやら大きな病院の産婦人科のよう。
ジャパンデスクも存在するなんともなんともありがたい場所でした。
つまり日本語で対応してくれるセクションが存在するということ!!
こういう便利さに触れると、心底感激の嵐に包まれると同時に
最初の赴任地がここだったらめっちゃ楽チンノーストレスで過ごしたんやろうなぁ
としみじみもします。
逆にアジア人のいないあのドイツのド田舎で過ごした期間が
本当にプレシャスに感じる次第。

当日は予約じかんより少し早目にいってまず病院の登録。
保険ナンバーと市民ナンバー、パスポート提示。

検診の内容はいたって簡単で、毎回なんやら検査やら内診やらしていたドイツの
検診とは大違いで些か「これだけ?」と思われるもの。
体重も、血圧も、尿検査もなし。
エコーだけで終了。

推定体重2500g。大きいかな〜。

飛行機乗ったり、引越しで疲れたりしてたので
お医者さん曰く「パーフェクトウエイトでパーフェクトポジションにいる」我が子に一安心。

これまでの経過や、母子手帳の写しなどをしてるときにお医者さんが
ドイツの母子手帳に感激してたのに、こちらがびっくり。
オランダでは母子手帳は存在せず、全て病院(または助産所)側のデータのみ。
自分たちは経過の記録がないってこと??と思ったけどどうやらそうみたいです。

次回の検診も2週間後。37週になっています。
ドイツではこの時期、1週間に一度の検診頻度のはずだけどものんびりしてます。

なんか色々不安が募ったりもしますが、
気にせずお願いした採血をしに移動。

ゆうごと一緒の検診で家族みんなで疲れましたが無事終えることができました。

結局、産む場所はまだ登録をしていなかったので、
2週間後の検診時にこの病院で産むと申請をしないといけないそう。
生まれてなければいいが、と思いつつ。

なんかオランダ、妊婦検診一つをとってもドイツとはまた違った空気感。
面白い経験をさせていただいております。

赤ちゃんよ、なんも気にせず頑張って元気に生まれておいで!






| misz | ヒロ吉 | 06:25 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:25 | - | - | - | - |
ほー!!同じゲルマン系の国でも全然違うものなんやねぇ。
そして母子手帳ないって驚き!
みんな何も記録に残してないのかなぁ?
フランスの母子手帳この前見せてもらったけど、意外にもちゃんと細かい記録が残されててびっくりしたよ。
| みしゅらん | 2013/05/12 4:02 AM |
たくましいママちゃんに勲章あげたくなります。

ゆうごちゃんも健やかに育ってますね。ママちゃんの実力よ。
元気にベビィが誕生されますよう祈ってます。
| 尾張マダム | 2013/05/12 9:24 PM |
maimai、フランスって出産とかの考え方めちゃオランダと反対やもんな〜それぞれ違いすぎて笑うね。EUのくせに。次回検診臨月やのに1.5週間後で、生まれてるかもね〜あははって医者が言ってたわ。出産は気軽なものらしい!
| misuz | 2013/05/16 8:32 PM |
尾張マダム様、お久しぶりです!コメントありがとうございます。ゆうごも2歳児真っ只中で親子の会話も増えて楽しませてもらってます。もうすぐ次男誕生ですが、長男の変化も楽しみにしてる次第です!
| misuz | 2013/05/16 8:35 PM |









http://bambina-1218.jugem.jp/trackback/155